2012.06.25

10km走るレースに出てきた。
5kmは走れるようになっていたけれど、
10kmは直前に一回走って身体をボロボロにした。
老化というか、運動不足というか、体重増加のせいか、
とにかくダメージが長引いた。

走る人達にはいろんな人がいて、
一緒に参加した人達は速くゴールしている。
一定目標のポイントがフルマラソンだから、
10kmぐらい楽に走れないとまずいと思う。
見渡すと、タイムそのものが目標の人もいるし、楽しく走る人達もいるし、
私のように、イベント性のもの、
今回なら給水所ならぬ給スイカを目指している人もいる。

私がタイムを目指すことはないな。
距離は、以前もあったし、今後もあるかもしれないけれど。
フルマラソンは人生に1度でいいと思っているので、
今後も伸ばしてハーフまでかな。
タイムは…息が上がるほどの苦しい思いをして走った先にあるものが
良くわからないから、ない。
走っている工程で周辺が目に入らないなら意味はない。
それに、それはあまり痩せない(笑)
だから、制限時間にゴールできればそれでいいんだと思う。
失格は避けたい、ぐらいの時間で。

一定の呼吸で、一定のペースで足を進めながら、
距離に合わせて運動時間がわかる。
スタートの段階で、10kmなら1時間15分足を動かしてれば
ゴールできる…ってわかる私の基本ペース。
レース展開やらペース配分とか、
そんなところに頭を使うのは「もったいない」。
5kmだけ走るのでも同じ。
周辺に走る人達を眺めたり、
応援している沿道の子供やおばあちゃんに手を振ったり、
カメラが沿道や空を飛んでいたけれど、
好みであればそれに手を振ったり、
お水やスイカ、ドリンクなどをおいしくいただければうれしい。
土地の雰囲気や季節、沿道の香り(グリーン、一部堆肥臭w)を感じたり、
周りの仮装の人も見たいし、隙あらば一緒に騒ぎたい。
それらをある程度心に余裕がある状態で、受け入れたい。

だからペースは上げない。

きっちり7分半~8分/km。これでどこまででも走れるようになればいい。
距離が長くなればなるほど、楽しめるチャンスが増える。それでいい。
でも怪我しないように、ハーフまで。
少なくとも体重が以前ほどまで落ちるまでは。
以前ほど痩せたら、その次は別に考えればいい。

とにかく“今度こそ”怪我なく長く運動できるようにしていたい。
私の中で8年前を再現しないぞ、と、心に決める今なのです。