<   2012年 03月 ( 4 )   > この月の画像一覧

目に見えない何かを信じたいと思う心と、現実に振り回される余裕のない日々の間で
方向もわからずただ立ちすくんで、いまここにいた。
手のとどかない彼方 たまに近く感じ すっと消え 唐突に現れる。走馬灯。
混沌としたなかに、光を帯びたかのように視線を吸い込むものが
果たして希望なのかはわからないが 手を伸ばさずには居られない。
行く手を阻むものをかきわけるでもなく、ぶつかりながら曲がりながら、進む。
[PR]
一年経った。

一年前のこの日20時頃から友人の家に泊まるべく近所在勤の友人と、やはり別の友達の家に泊まるという後輩の三人で同じ方向に歩いていた。治安の悪化を懸念して一人行動を禁止されていたので、たまたま同じ方向で良かった。京浜の道は混雑し、なんとか23時前に友人宅についた。温かいスープでようやく一息つけた。

職場近くのJR と京急はアウトだったが友人宅近くの東急が運転再開とのことで横浜へ、悩んだ末実家に向かい、着いたのは翌3時前だったと思ってる。改めて地元私鉄路線愛が深まった。

今日は仲間の出演するオーケストラを、仲間と共に聴き、その時間はオケの人たちの思う演出で黙祷をした。優しい木琴の音色で♪ふるさとが流れ、各々黙祷。1800人規模のホールが暖かくなった。

普通の一日を送れたことに、感謝する度合いが少し高まる一日。あなたはどんな今日を過ごしましたか?
[PR]
by madoquoi | 2012-03-11 19:39
足を引きずって、今晩から石巻に行きます。肉離れが治りません。

普段より役に立たないかもしれないけれど、肉体労働してきます。
整骨院の先生に呆れられつつも
「金曜日必ずテーピングしに来て下さいね!」と念を押して言われた。
出発前で忙しいですが、おとなしく寄りたいと思います。

いまや、ボランティアは私のための「楽しい行為」のひとつになっています。
思い切り身体を動かすようなものを選んで、ガッツリ肉体労働しています。
目的はひとつですから、初対面の方とも心地よく仕事ができます。
現地の方の役に立つのはあくまで「二度おいしい」オマケであると理解すれば、
他人の評価による満足ではなく、現地の方に「してやった」的にもならず、
自分できっちり満足できるものになります。
また、一定の頻度で通うことも、おっくうなく継続できるというものです。

でも、11日には現地にいません。これは震災後すぐに決まっていました。
こちらで仲間と、友人が指揮するいい音楽を聴いている予定です。
3.11が存在しなくても、3.11じゃなくても絶対見に行く、
魅力的で力のあふれる音楽です。

その日、その時間。
働いている人もいるし、家族と過ごす人もいるし、
なにもしない人もいるし、忘れて普通の休日の人もいると思います。
きっとそれでいいんだと思っています。

あまりに象徴的に扱いすぎてもいけないし、忘れ去るのも…私はどうかと思います。
一日、防災のことをちょっと思い出して、
備品でも確認したりためしに使ったりしてみればよし。

ふと時間の空いたとき、被災してなくなった方に思いを馳せたり、
被災地について考えればいいかな、なんて思ってます。
[PR]
なんだろうなぁ。
ちょっと前までは人間が1/2に分類されてる…って感じていたけれど、
最近は1/3か1/4ぐらいに分類されているのではないかと思う。
合わない人とは本当に合わないし、ごまかしもきかないほどダメで、
それはこっちが「嫌!」と1mmも思ってなくても、そう思われたりする。
対外、嫌なときは双方ある程度嫌なもんだと思っていたけれど、ここが違う。
それに、予定を決めようとしていても、
最初から完全にすれ違うことすらできない場合もある。
非常に不思議だ。

そういうちょっとぎこちないことが、自分を取り巻く数方面で同時に起きたので、
なんかまずいかな、などと思ってすっきりすることを率先して行ったりしています。
特殊能力などないし、効果のほどなど知りませんが、心理的なもんです(笑)

たとえば前向き集団と後ろ向き集団、みたいな、簡単な分類はできませんが、
おおかた、方向性としては二種類に属させることができそうです。
どれもこれも正解なんてないと思いますが、せめて前向き集団に属したいところです。
心理的なもんです(笑)
[PR]